敏感肌どっとこむ

美容関連

肌診断

肌診断は皮膚の水分量と皮脂量を計測し、自分の肌の状態を把握して正しいスキンケアを行う目的で行われます。

肌診断で計測される皮脂量や水分量は、食生活や睡眠時間などのその人の生活習慣や精神状態など肌がおかれている環境で日々変動します。

睡眠不足の日や、栄養バランスが良くない時、また月経周期によっても人の肌の状態は変化しているので、本当に正しいスキンケアを行うには毎日同じケアでは十分ではないと言えます。

肌診断は化粧品メーカーのサロンや、デパートの化粧品売り場で簡単に行う事が出来、自宅で診断できる商品もあります。

肌の水分量は10代をピークに20代から一気に減少し始めますが、皮脂量はニキビの出来やすい10代が最も多いと思われがちですが、実は皮脂量は10~20代は上昇し続けている時で、30代にピークを迎えます。

30代は混合肌の人がもっとも多く、皮脂量が多くべたつき感があるのに部分的に乾燥するという肌のバランスが一番崩れる時であり、40代以降は水分量も皮脂量も減少し続けます。

男性の場合皮脂量は30代まで上昇し、その後も女性のように急激に減るのではなく、非常に緩やかに減少し、30代と60代でほとんど皮脂の量に変わりはありません。

この為乾燥肌によってしわやしみに増える女性に対し、男性は乾燥しらずで女性に比べ化粧をしない等の要因もありますが、しわが少なく女性よりも素顔は若く見える事がおおいです。

スポンサードリンク

Copyright (C) 敏感肌どっとこむ All Rights Reserved