敏感肌どっとこむ

美容関連

肌年齢

10代のうちは特に何のケアも必要とせず、化粧をしなくてもキメが細やかで潤いと張りがあります。

いつまでもこの状態が維持できればよいのですが、肌は20歳を超えると老化現象がはじまり、肌の色やハリ、潤いに衰えが見え始めます。

肌年齢は個人差が大きくみられ、実年齢は同じでも肌年齢は年上であるという事が良くあります。

肌年齢とはスキンケアの目安となる肌の状態をいい、肌のハリやしわ、痛み具合などの肌の老化具合を表す指標で、実際の年齢とは全く関係なく判断されますが、肌年齢が若いほど肌に張りがあり、シワやくすみのないスベスベの肌であるとされます。

肌年齢が高いと、肌の荒れや小じわ、またくすみやニキビ等の湿疹が見られます。

これらは日ごろのストレスやスキンケアの不足によって起こり、実際の年齢はいくら努力しても、若がえる事はありませんが肌年齢は日ごろのケアによって若返る事が可能です。

一般に肌年齢は実年齢よりも年上で、多くの女性は肌年齢を後10歳は若返らせたいと考えています。

肌年齢が25歳だと、一般に肌の曲がり角と言われる年で、肌年齢が10代の人に比べて肌に張りや、つやがなくなり始め、また目じりに細かいしわが出来ます。

肌年齢が30代と言われると目元のたるみが気になり、しわも深く目立つ用になり、肌の乾燥が進行してう潤いを感じられなくなります。

肌年齢が40代になると肌のコラーゲンが不足状態で、皮膚も完全にたるみ、くすみが目立って潤いが明らかにない状態をさします。

スポンサードリンク

Copyright (C) 敏感肌どっとこむ All Rights Reserved