敏感肌どっとこむ

敏感肌の原因

敏感肌とストレス

寝不足が続いたり、強いストレスを長期にわたり感じていると肌が荒れてしまった経験がある人も多いかと思いますが、肌の状態とストレスは密接に関係しており、ストレスが原因で敏感肌になる事もあります。

ストレスが溜まるとホルモンバランスが崩れ、自律神経の働きを乱して、ターンオーバーを狂わせたり、皮脂の分泌量を乱します。

ターンオーバーが乱れると、十分成熟した角質がつくられる前に角質がはがれてしまい、肌のバリア機能が弱くなって外部の刺激に敏感に反応し、敏感肌となってしまいます。

また一度ターンオーバーが乱れて敏感肌になると、肌再生の乱れに悪循環が起こりなかなか回復する事が出来ません。

ストレスが溜まると自立神経が乱れるだけでなく、食べ過ぎや飲み過ぎ等の暴飲暴食や、逆に食べられなくなる拒食などの食生活の乱れによって栄養バランスが崩れて肌の再生や維持に必要な栄養が足らなくなったり、喫煙量やコーヒーなどの嗜好品が増える事でも、体内のバランスが崩れて乾燥肌から敏感肌になりやすくなります。

また睡眠不足は昔から美容の大敵と言われ、寝ている間に傷ついた肌は回復しますが、睡眠時間が少ないと十分な回復が行われず、また最も成長ホルモンが分泌される11時から2時に睡眠をとらないと十分な回復が認められず、ダメージを受けたままの肌になってしまし敏感肌になってしまいます。

ストレス発散や規則正しい生活は、敏感肌を予防するだけでなく健康維持にもつながるので、自分なりのストレス発散法を見つけ、ストレスを溜めない生活を送るようにしましょう。

スポンサードリンク

Copyright (C) 敏感肌どっとこむ All Rights Reserved