敏感肌どっとこむ

敏感肌の原因

敏感肌とコーヒー

敏感肌は紫外線や空気の乾燥等の外部のちょっとした刺激にも反応し、かゆみや炎症を起こしやすいですが内部からの刺激物にも反応して、かゆみや肌荒れを起こします。

特にコーヒーに含まれるカフェインは強い刺激物で、コーヒーに限らず紅茶や緑茶にも含まれており飲むと反応してかゆみや炎症を起こす場合があります。

カフェインの過剰摂取は粘膜を傷つけて、血管を広げやすいので赤ら顔の原因になります。

また肌のバリア機能も低下している為、外部のちょっとした刺激に広がった毛細血管が刺激されて肌が赤く炎症しやすくなります。

真皮内の血流は皮膚を通して見えるほど、角質層に近い部分にありので毛細血管血流の赤さが目立ち、顔の真皮は毛細血管密度が高く頬は腹部の5倍も毛細血管が集中しているため、火照りやすく、赤さが目立ちます。化粧では隠せない肌の赤みは敏感肌であるのに、刺激物を摂取しすぎて毛細血管が広まっているためであると考えられます。

カフェインは大人は1日300mg程度の摂取であれば特に影響を及ぼさないと言われていますが、500mg以上の摂取は顔面紅潮、つまり赤ら顔の原因となっており、敏感肌の場合はもっと少ない摂取量で影響が出ると言われています。

また過剰な摂取は胃に負担を与え、食欲不振や睡眠障害を起こすこともあります。

中毒症状が出ると言われる500mg以上はコーヒーや紅茶なら10杯以上の摂取で、1日に10杯以上も飲んでいる場合は量を控え、水やウーロン茶、麦茶などにかえましょう。

スポンサードリンク

Copyright (C) 敏感肌どっとこむ All Rights Reserved