敏感肌どっとこむ

敏感肌の原因

敏感肌とタバコ

タバコは美容の大敵とよく言われますが、敏感肌の人にとってタバコは強い刺激物となり、普通の肌の人よりも肌の状態を更に悪化させることになります。

喫煙する事によって、肌のターンオーバーが狂い、未熟な角質層が形成され、肌のバリア機能が低下し肌に十分な水分が保たれなくなります。

十分な水分がないと角質層は剥がれやすくなるので、乾燥肌でガサガサとした肌触りになり、角質層の保護力が低下している為少しの刺激に反応してかゆみを感じやすくなっています。

特にアトピー性皮膚炎の場合、治療には禁煙が必須となってきます。

喫煙者はニコチンが肌の酸化を促進するので、非喫煙者よりもメラニンの蓄積量が多く、喫煙はビタミンCも破壊するのでメラニンの代謝を行うのが遅れて、肌がくすみシミが多くなります。

また喫煙する事で皮脂の分泌量が高まり、毛穴が詰まってニキビや吹き出物ができ、毛穴が広がって肌のきめが粗くなります。

肌自体は乾燥しているのに、部分的に皮脂の分泌量が上がっているのでニキビが出来る傾向が喫煙者にはあります。

敏感肌からアトピー性皮膚炎になる確率も、喫煙者の方が高くメラニンを蓄積させやすい事や、もともと敏感肌で肌のバリア機能が弱いのに喫煙によって更にダメージを与え、再生量も落ちる事が原因と考えられます。

さらにタバコは肌だけでなく、内臓にも影響を及ぼし、血管の老化である動脈硬化を促進して、心筋梗塞や脳梗塞など重病を引き起こしやすく、癌の発症率も高いので敏感肌の治療の機会に生活習慣を見直してみると良いでしょう。

スポンサードリンク

Copyright (C) 敏感肌どっとこむ All Rights Reserved