敏感肌どっとこむ

敏感肌の原因

敏感肌と夏

夏は汗をかく事が多く、肌は湿って乾燥する事がないので敏感肌にはなりにくそうですが、夏も敏感肌の危険はたくさんあります。

夏は汗で湿り皮脂もたっぷり分泌されていそうですが、肌の露出が増えて紫外線にさらされやすく、汗の蒸発と共に肌の表面の水分も奪われ、強い冷房による湿度の低下によって乾燥しやすいと言えます。

敏感肌と紫外線の項でも書きましたが、敏感肌のひとは紫外線吸収剤の影響で日焼け止めを使用できないひとも多く、夏でも長袖や長ズボンで肌の露出を控える必要がありますが、汗をたくさんかくので汗を拭くのにタオルで過剰にこすると弱った肌が刺激され肌荒の原因になります。

しかし汗をしっかり拭きとらないと汗疹の原因となるので、敏感肌のひとは夏場は冬以上に注意が必要です。

汗をかいたら汗でふやけた肌が、服がこすれる等の刺激にも負けてしまうので出来ればマメに汗をすった服は取りかえるようにしましょう。

服を交換できない状況でも柔かいタオルで小まめに汗を拭き取る必要があり、汗をそのままにしておくと汗とともに排出された老廃物が敏感肌を刺激して肌荒れの原因になりますし、汗が蒸発するときに肌の水分も蒸発するので、汗をかいていても結局乾燥する事になります。また汗にホコリ等のアレルゲンがくっつきやすいので、炎症も起こしやすくなっています。

シャワーを浴びて肌を清潔に保ち、冬に比べて肌の乾燥が実感できなくても保湿をキチンと行いましょう。

スポンサードリンク

Copyright (C) 敏感肌どっとこむ All Rights Reserved