敏感肌どっとこむ

敏感肌の原因

敏感肌と紫外線

紫外線がシミやくすみも原因をつくり、肌の老化を促進する事はもはや常識であり、健康で正常な肌にも大きな影響を与える紫外線は、敏感肌には更に大きな影響を与えると想像がつくかと思います。

紫外線対策には日焼け止めを塗る事を誰でも一番に想像ずると思いますが、敏感肌の場合日焼け止めを塗る事が刺激となる可能性があります。

一般に日焼け止めには紫外線吸収剤が配合されており、健康な肌の場合は何の問題もありませんが敏感肌はこの影響で肌を刺激され炎症する可能性が在ります。

なぜ日焼け止めに紫外線吸収剤が配合されているかというと、紫外線吸収剤は、紫外線や赤外線を吸収する時の熱などをエネルギーに変化させて放出し、紫外線が皮膚への浸透するのを防ぐ働きがあり、この化学反応は強い刺激を肌に与えるので制限されており、SPF値は最大で50と決められて、ほとんどの日焼け止めに配合されています。

SPF50程度なら健康な肌にはほとんど影響ありませんが、少しの刺激に反応する敏感肌は赤みやかぶれを引き起こします。

この為、敏感肌の場合は事前にパッチテストで日焼け止めの刺激を確認し、反応がある場合は長袖や日傘、防止などで紫外線対策する必要があります。

また紫外線対策には保湿も重要で、保湿で紫外線を防ぐ事は出来ませんが肌の機能を高めて紫外線からダメージを受けた際に回復するのに効果があり、しっかり保湿された肌は紫外線の刺激からすぐに再生する事が出来ます。

紫外線対策には日焼け対策だけでなく、保湿ケアも十分に行いましょう。

スポンサードリンク

Copyright (C) 敏感肌どっとこむ All Rights Reserved