敏感肌どっとこむ

敏感肌の原因

敏感肌と花粉症

花粉症というと眼がむずがゆく、鼻水が止まらなくなると言った症状が有名ですが、花粉の刺激が影響して敏感肌が悪化したり、乾燥肌から敏感肌へとあっかしてします人がいます。

まず花粉の時期は花粉の刺激に肌が負けないように、しっかり保湿し肌のバリア機能を高める事が大切です。

また外出先から戻って時は、室内に花粉が持ち込まれないように注意する必要があり、衣類は室内に入る際によくはたいて花粉を落とし、手や顔は水で十分に洗います。

洗顔後にはしっかり保湿し、どうしてもすぐに洗えない場合はウェットティッシュなどでよく拭き取りましょう。

花粉症で敏感肌の場合、くしゃみで鼻を咬む機会が増えますが、もともと肌のバリア機能が落ちているのに花粉の刺激で更にダメージを受けているので、肌をこれ以上刺激しないよう丁寧にかみましょう。咬んだ後はクリームを鼻の下に塗って保護します。

また涙が頻繁に出る事で目元や、涙が通る部分が荒れてしますので、涙が出ても放置せずにすぐ吹きとり肌荒れの原因をなるべく排除する事が敏感肌の花粉症時期のケアには重要です。

花粉の刺激だけでなく、痒さで手で強くこすったり、ハンカチで何度も拭く事も症状の悪化につながるので注意が必要で、痒くてもやたらにこすらず、ハンカチは柔かいものを使用し、マメに洗濯して清潔を保ちましょう。

少し意識するだけで、敏感肌の症状の悪化を防ぐ事が出来るので、花粉の時期は特に意識して肌をいたわりましょう。

スポンサードリンク

Copyright (C) 敏感肌どっとこむ All Rights Reserved