敏感肌どっとこむ

肌の保湿成分

セラミド

敏感肌はセラミド不足が原因と言われていますが、セラミドとは何でしょうか。

セラミドとは角質層の細胞同士を繋ぎ止める役割のある脂質で、角層層の細胞間脂質の約50%を占めています。

セラミドは脂質なので油ですが、親水基を持っている為水と馴染む事ができます。

この性質で角質の細胞間にセラミドと水分の層を交互に形成し、肌の潤いを保ち、外部の刺激から真皮を守っています。

セラミドは細胞同士を結び付けているので、セラミドが不足すると細胞間に隙間ができて乾燥し、細胞が剥がれます。

これが乾燥肌や敏感肌の原因で、細胞間に隙間ができて乾燥した肌に幾ら化粧水で水分を補っても、すぐに蒸発してしまうので意味がありません。

セラミドはアトピー性皮膚炎の場合など先天的に不足している場合もありますが、栄養不足や環境、生活習慣などの影響で不足し、洗顔のし過ぎでもセラミドがす即する事がわかっています。

不足したセラミドはセラミド配合の化粧水や美容クリームなどで外から補う方法と、食品やサプリメントで中から補う方法があります。

化粧水などでセラミドを補う場合、配合されているセラミドの種類が重要で、セラミドには天然セラミド、合成セラミド、合成疑似セラミドの3種類があり、中でも天然セラミドで動物性セラミドのスフィンゴ脂質、ビオセラミドは人の肌と馴染みやすく、保湿力に優れバリア機能が高いとされています。

スポンサードリンク

Copyright (C) 敏感肌どっとこむ All Rights Reserved