敏感肌どっとこむ

肌の保湿成分

イソフラボン

植物性女性ホルモン様成分として注目されているのがイソフラボンです。

女性ホルモンは肌の潤いを保つ作用がありますが、加齢とともに減少して更年期障害の原因や肌の老化の原因となっています。

イソフラボンはこの女性ホルモンと似た働きを持ち、美白効果や保湿力の強化といった働きの他に豊胸効果や生理不順の改善などの働きがある事も判明しています。

イソフラボンは女性ホルモンと似たような働きをしますが、自然に存在する成分なので例え過剰に摂取したとしても副作用の心配等はなく、余分な分は体外に排出されてしまいます。

イソフラボンの1日も目安の摂取量は50mgで、豆腐なら半丁、納豆なら1パック、豆乳ならコップ1杯が目安です。

女性ホルモンと同じような働きをすうるイソフラボンは、真皮層のコラーゲンの代謝活性を向上して、肌に張りを持たせる作用が期待でき、ヒアルロン酸やコラーゲンの合成を活性化して、皮脂の分泌も促し保湿機能も高めます。

イソフラボン配合の化粧水も多く出回っており、もともと自然由来の成分なため敏感肌の人も安心して使用できるとされています。

ただし過剰摂取分が体外に排出されるとはいえ、一度に多量に摂取するとホルモンのバランスが崩れて、女性特有の病気である乳がんなどを誘発する危険もあると言われているので、1日の摂取目安を守り上手に摂取していきましょう。

スポンサードリンク

Copyright (C) 敏感肌どっとこむ All Rights Reserved