敏感肌どっとこむ

肌の保湿成分

リピジュア

リピジュアは、ヒトの細胞膜を構成し涙にも含まれる成分リン脂質をモデルに人工血管の内側に使用する為に開発された高分子ポリマーで、高性能な生体適合性物質です。

リピジュアはヒアルロン酸の2倍以上の保湿力を持ち、肌の角質細胞間を満たすセラミドなどと同じ細胞間脂質の構造を持ち、水分の保湿力に優れています。

リピジュアの特徴はその持続時間で、水洗いしても衰える事なく保水性をずっと維持しておく事が出来ます。

リピジュアは持続する保湿力と生体適合性を活かし、美容業界だけでなくコンタクトレンズや保存液や、医療業界においても治療の為、体内に器具を挿入する場合の防御剤としても使用されています。

敏感肌のスキンケアにリピジュアを使用すると、荒れて乾燥し、ターンオーバーの乱れた角質層にリピジュアが浸透し、肌のバリア機能が補強され、体内から水分が蒸発するのを防ぎます。

同時に外部の刺激からも肌を守り、刺激を受けて肌荒れを起こし、ターンオーバーが乱れて、乾燥しまた肌が荒れると言う、肌荒れの悪循環を防ぐ事ができます。

ヒアルロン酸の2倍の保湿力があるとされるリピジュアですが、その効果の差は特に水洗い後に現れ、ヒアルロン酸は水洗い後は保湿力が上がるのに対し、リピジュアは肌の角質層に留まり水洗いで肌に浸透した水分ごと、肌を保湿するのでむしろ保水力が上がる事がわかっています。

このような働きでダメージを受けた肌を保護し、水分を保湿する事で正常なターンオーバーを促し、健康な肌を作る事が出来ます。

スポンサードリンク

Copyright (C) 敏感肌どっとこむ All Rights Reserved