敏感肌どっとこむ

敏感肌の基礎知識

敏感肌とは?

敏感肌は外部からの少しの刺激に対して過剰に反応してしまう肌の状態です。

紫外線や化粧品などの刺激を受けると、肌が反応してかぶれて赤く湿疹がでたり、かゆくなります。

また敏感肌の人は乾燥肌になりやすく、刺激を受けなくても肌が乾燥してガサガサし、常に痒みや、突っ張り感を感じます。

逆に敏感肌は普段乾燥肌の人が季節の変わり目や、肌に合わない化粧品を使用した際にもなりやすく、生理等によりホルモンバランスが乱れている時に敏感な肌になりる人もいます。

また仕事等のストレスを受けて敏感肌になる人や、睡眠不足による肌荒れの一つとして敏感肌になる人もいます。

敏感肌は肌のバリア機能と言われる角質層が何らかの影響で損失を受けて、外部の刺激を跳ね返す事が出来ないため起こっており、特に角質層にあるセラミドという脂質と、NMFという天然保湿成分が減少している事で肌の健康バランスが崩れて、皮脂膜が薄くなり角質層があれてしまうと、表皮の隙間から、ダニやほこり、細菌など様々な物質が肌から侵入してかゆみが起きたりします。

敏感肌になってしまったら、化粧品はなるべく付けないようにして肌を刺激物から遠ざける事が一番ですが、女性は化粧をしなくてはいけない事や、紫外線対策に日焼け止めを日々ぬっているので中々か改善される事がなく、悪化するとアトピー性皮膚炎などに進行する事もあり症状が悪い方に進行する場合は、皮膚科で治療を受けた方がいい場合もあります。

スポンサードリンク

Copyright (C) 敏感肌どっとこむ All Rights Reserved