敏感肌どっとこむ

敏感肌の基礎知識

肌の働き

肌の厚さは多少個人差がありますが、平均で2mmで肌を外部の刺激から守る表皮の角質層はわずか0.02mmしかないこの薄膜が傷つけられると、肌の水分が維持できずに乾燥してしまいます。

この角質層の下には基底層と言う絶えず細胞分裂をしている層があり、この基底層で新しい細胞がつくられると古い細胞は上に押し上げられ角質層を形成し、更にふるくなった角質層に蓄積された肌細胞は垢として体外に排出されます。

また、肌の表面には善玉菌といわれる表皮ブドウ球菌や、悪玉菌といわれる黄色ブドウ球菌などがバランスよく存在しています。

人の肌は弱酸性と言われるのはこの表皮ブドウ球菌が皮脂の中にある脂肪酸を分解し弱酸性に保っています。

通常細菌は酸性よりもアルカリ性を好みますが、表皮ブドウ球菌は酸性でも活発に活動できる珍しい細菌で、弱酸性が保たれる事で他の細菌が活発になりにくくしています。

肌がアルカリ性に近づくと表皮ブドウ球菌の活動が抑制され、逆に他の悪玉菌が活発に活動を始めます。

肌がアルカリ側に傾いてしまうのは肌のバリア機能が関与しており、バリア機能が低下すると言う事は皮脂の分泌がなされていないという事で、皮脂がないと表皮ブドウ球菌は分解するものがないので肌の酸性濃度は傾いてしまいます。

悪玉菌である黄色ブドウ球菌は、アトピーの原因菌であったり、その他の肌トラブルのもとになります。

スポンサードリンク

Copyright (C) 敏感肌どっとこむ All Rights Reserved