敏感肌どっとこむ

敏感肌の基礎知識

ターンオーバー

ターンオーバーとは、肌の角質層の下の表皮の一番下の層の基底層で作られ、それが皮膚表面に向かって少しずつ押し上げられ角質層を形成し、最終的には垢となってはがれ落ちる一連の肌の代謝活動のことをいいます。

これが正常に機能しているかどうかで肌の美しさが決まり、健康で若く新陳代謝も活発な10代の肌なら25日、20代や30代なら28~30日で細胞が入れ替わりますが、年齢を重ねる毎にターンオーバーの周期が伸びていき40代では35日、50代以上になると40日以上も肌の代謝に時間がかかり、ターンオーバーがスムーズに行われていると、肌細胞が規則的にきれいな状態で整列しているので肌は美しく保たれますが、ターンオーバーのリズムが崩れると細胞が不規則になり、肌細胞の並び方のムラが出来て角質層が不安定になり、保湿力や防御力が低下して外部刺激を受けやすく、肌荒れや乾燥などのトラブルや老化現象の原因となります。

また不規則な並びのせいで角質層が厚くなり、表皮がザラついて硬くなったり、逆に角質がはがれることもあります。

結果的に、老化を早めることにもなります。

ターンオーバーが行われている表皮はシミの元であるメラノサイトもあり、代謝がスムーズで正常に行われていると、このメラノサイトの代謝も活発に行われるのでシミが出来にくくなります。

ターンオーバーがスムーズに行われなくなる、30代以降はメラノサイトが蓄積しやすくシミやくすみが出来やすくなります。

加齢によるターンオーバーの衰えは仕方ありませんが、生活習慣やホルモンのバランス等でもターンオーバーは乱れていくので、美しい肌を作るにはターンオーバーが正常に行われるようにする必要があります。

スポンサードリンク

Copyright (C) 敏感肌どっとこむ All Rights Reserved