敏感肌どっとこむ

敏感肌を伴う症状

アトピー

敏感肌になる原因の一つにアトピー性皮膚炎があり、アトピー性皮膚炎はアレルギー体質と遺伝的要素に様々な刺激が加わって生じると考えられています。

アトピーは遺伝的な皮膚疾患で、肌の保湿の働きがある細胞間脂質のセラミドが先天的に不足している為肌が乾燥しやすく、そこからアレルギー物質が体内に侵入して、炎症や湿疹を引き起こします。

アトピーの症状は、慢性的に皮膚に赤い斑点や強いかゆみを伴う炎症が起こった状態で、花粉症や気管支喘息などのアレルゲンに対して過剰に強く反応します。

以前までアトピーは子どもの病気であると考えられてきましたが、環境ホルモンなどの影響から大人になって発症する人も近年増えており、直接的な原因や治療法はなく、ステロイド剤などで治療が行われています。

アトピーの肌も敏感肌もセラミド不足でバリア機能が低下し、アレルゲンが角質層に侵入してアレルギー反応を起こしやすく、アトピーの肌は繰り返すアレルギー反応で様々な刺激に対して反応する敏感肌になってしまうと考えられます。

またアトピーの肌は細菌やウイルス感染も起こしやすく、これらに感染する事で敏感肌になると言われています。

アトピー患者は元々皮脂の分泌量や、セラミド等の保湿因子、肌の防御機構が少ないので、乾燥肌や敏感肌の人よりもさらに念入りに保湿を行う必要があります。

アトピー患者の場合、アレルゲンの問題から市販の化粧水は刺激が強すぎて使えない事が多く、皮膚科で処方してもらったり、オーガニック系の化粧水を使用する必要があります。

スポンサードリンク

Copyright (C) 敏感肌どっとこむ All Rights Reserved