敏感肌どっとこむ

敏感肌を伴う症状

ニキビ

皮脂が多くオイリー肌の人のニキビと敏感肌の人のニキビとは違いがあるので、同じニキビケアでは悪化させてしまうことがあります。

敏感肌は水分不足が原因で肌が乾燥して外部の刺激に反応していますが、ニキビは皮脂の過剰分泌による毛穴のつまりが原因とされていますが、油分や水分の足りない敏感肌もニキビになります。

敏感肌の人は皮脂量が足りないのでバリア機能が低下して、外部からの刺激に過剰に反応する状態で、皮膚の表面が荒れて角質層が固くザラザラしています。

この固く変質した角質層の乱れて狭くなった毛穴に皮脂が詰まり細菌が繁殖してニキビができます。

ニキビは思春期に多く見られると思われがちですが、皮脂の分泌は20代30代でも活発に起きておりストレスが多い社会人もニキビが出来やすくあります。

このようにオイリー肌のニキビと、敏感肌のニキビの出来かたには違いがあるので、ケアの仕方も異なります。敏感肌の人のニキビケアで大切な事は、肌を清潔に保ち保湿をすることです。

敏感肌の場合もともと皮脂量が少ないので、洗顔料で洗顔せずにぬるま湯で汚れを落として、保湿します。

敏感肌は乾燥しやすいので、化粧水で水分補給をした後は、クリームなどで保湿しますが、ニキビの時は油分の無い美容液で保湿するなどして、保湿は行うようにしてもなるべく油分は肌に与えないようにしましょう。

敏感肌のニキビは特に生活習慣の乱れやストレスによるものが多いので、規則正しい生活と十分な栄養、睡眠を取る事も重要です。

スポンサードリンク

Copyright (C) 敏感肌どっとこむ All Rights Reserved