敏感肌どっとこむ

敏感肌の予防

敏感肌の化粧水

敏感肌の原因はバリア機能が低下して外部の様々な刺激物が肌に侵入して、炎症などのアレルギー反応を引き起こす事です。

敏感肌の対策にはきちんと保湿する事が大切ですが、保湿する化粧水も刺激の強いものは避ける必要があります。

一般に市販されている化粧水には合成界面活性剤、合成ポリマー、アルコールなどの肌への刺激物質が多く配合されており、健康な肌の人には対してはあまり問題ありませんが、敏感肌の人はこれらの刺激を受けて、肌が赤くはれ上がったり、ピリピリした刺激痛が起こります。

合成界面活性剤は肌に浸透する作用があり、有効成分を肌の深層部に送り届けてくれるとされていますが、この為に肌の角質やバリア機能を破壊するので肌に刺激を与えます。

合成ポリマーは肌触りを滑らかにする為に使用されており、肌に薄い膜を作って保湿機能も果たしますが、化学物質が肌に密着するため敏感肌の人は刺激に反応します。

アルコールは付け心地を良くする為に使用されており、オイリー肌の場合油分をとる意味でも使用されますが、アルコールは水分を蒸発させるので、乾燥肌や敏感肌の場合は化粧水をつける事で更に悪化する可能性があります。

敏感肌の人はこれらの刺激物や添加物が入っていない、天然由来の成分で出来た物を使用する必要があります。

化粧水はコットンや手を使って使用しますが、この時もコットンや手でパタパタたたかずにぐっと抑え込む感じに肌に浸透させるのが効果的です。

コットンを使用した方が化粧水を十分浸透できると考えられていますが、特に敏感肌はコットンも刺激になりかねないので、手で浸透させる方がいいでしょう。。

スポンサードリンク

Copyright (C) 敏感肌どっとこむ All Rights Reserved