敏感肌どっとこむ

敏感肌の予防

敏感肌のメイク

本来は敏感肌である場合はメイクは控えて、肌への刺激は出来るだけ排除し改善に努めた方がいいですが、仕事などでメイクをする必要がある時には、メイクの仕方にも注意が必要です。

最近では敏感肌の若い女性が増えている事から、敏感肌の人も使える刺激の少ない化粧品が多く出回っており炎症や強い乾燥がなければ、保湿や外部の刺激から肌を保護する意味でも少しはメイクをした方がいいと言われています。

タール色素や界面活性剤、また保存剤が使用されている化粧品は敏感肌の刺激になる可能性が強く、成分表等を確認してこれら刺激物が配合されているか確認してから使用する必要があります。

メイク用のパフやタオルも菌が繁殖しやすく、かぶれや炎症の原因になるので清潔なものを使用するよう心がけて、肌に刺激の少ない物でメイクをしましょう。

敏感肌の人は乾燥している事が多いので、メイクの前に十分保湿がされていないと、乾燥し、角質が荒れてガサガサした肌だとメイクもうまくのらず、無理やり乗せてもすぐに化粧崩れを起こしてしまうので、十分な水分補給と保湿を行ってからメイクを行いましょう。

また敏感肌の人は紫外線対策も怠れません。紫外線は健康な肌の人にも強い刺激になるので、きちんと紫外線対策を行う必要がありますが、アルコールが含まれている物は肌の水分を奪い刺激物となるので避け、敏感肌用の保湿成分の配合された日焼け止めを使用しましょう。

スポンサードリンク

Copyright (C) 敏感肌どっとこむ All Rights Reserved