敏感肌どっとこむ

敏感肌の予防

敏感肌のシャンプー

敏感肌は顔やひじ、足やお腹だけでなく頭皮にもその症状はあらわれます。

髪の毛で肌の状態がよくわからなくても、毎日シャンプーをしているのにフケや皮膚の塊がボロボロでる場合は、シャンプーが敏感肌にあっておらず肌が荒れているせいだと考えられます。

しかしシャンプーではだが荒れるのを恐れて洗わないと、頭皮の毛穴に詰まった汚れが抜け毛やフケなどの原因となる可能性があるので、シャンプーを使って洗いながさないといけません。

敏感肌の洗髪の時に使うシャンプーは、弱酸性であるなど敏感肌に対応しているかという事が大切で、低刺激と表記され、無香料・無着色の物を選ぶようにします。

ただしシャンプーは汚れを落とすのが目的で、それだけ刺激が含まれているので、100%安全なシャンプーないと理解しておきましょう。

敏感肌は非常にデリケートなので、その日の体調や前日の食生活等にも影響されてシャンプーが合わなくなる事もあります。昨日までと使い心地が違ったり、痒み等の症状が出た場合にはすぐに使用を中止しましょう。

洗髪の際には、頭皮全体をよくすすぎ、十分水分を与え、シャンプーは同量の水でよく泡立てます。

シャンプーの際は指の腹で優しく頭皮を洗い、決して爪でひっかいたり、強く洗う事のないように注意しましょう。

すすぐ際はシャンプーが頭皮に残らないように十分にすすぎます。シャンプーの洗い残しは、敏感肌の刺激になり症状の悪化となるので注意しましょう。

スポンサードリンク

Copyright (C) 敏感肌どっとこむ All Rights Reserved