敏感肌どっとこむ

敏感肌の予防

敏感肌の食事

高い化粧水や保湿液を使って肌をケアしても、体の中が水分を保持できる状態でないといくら保湿をしても無駄になってしましますので、敏感肌対策は体の中と外から行う必要があります。

敏感肌はターンオーバーが正常に行われていない事が多く、肌の新陳代謝を促す必要があります。

肌の新陳代謝はビタミンAによって活動を促す事ができます。ビタミンAは肌の保湿機能もあり、不足すると乾燥しやすく肌が荒れやすくなります。

ビタミンAは、野菜に含まれるβカロチンと、肉類に含まれるレチノールがあり、加熱してもあまり損傷がない為、加熱調理しても栄養を取る事が出来ます。ビタミンAは不足すると皮膚の乾燥だけでなく、粘膜も乾燥させるので眼や胃腸等の消化器官も弱ってしまいます。

またビタミンEも肌の新陳代謝を促し、ターンオーバーが正常に行われるよう働きかけてくれます。これらビタミン群は抗酸化作用もあり老化によるシミやくすみの解消にも効果があるとされています。

またミネラルも肌の健康を保つのに重要な栄養素で、ミネラルはビタミンよりも1日に必要な量は少ないですが体内で生成出来ないので、食べ物から摂取する必要があり、特に亜鉛やマグネシウムは肌の新陳代謝を促します。

また唐辛子などに含まれるカプサイシンは、肌の新陳代謝を促すような働きはありませんが、発汗作用や脂肪燃焼効果があり、発汗して体の内側から潤いを与える効果があります。

ただしカプサイシンは刺激が強いので、敏感肌の場合刺激で肌が荒れる事もあるので注意しましょう。

スポンサードリンク

Copyright (C) 敏感肌どっとこむ All Rights Reserved